いろいろな青汁が販売されており、私達が青汁をスタートするというとき、どれを購入していいか全然判らないではありませんか。粉末タイプの青汁を私達は、ドラッグストアなどでよく見つけることが出来ます。それほど価格も高くはありませんし、旅行にも携帯出来るし、だから私達は、青汁を長期的に続けることが出来ます。

しかし、粉末タイプは、液状タイプのものと比較して、栄養が少ないとも言われています。そのあたりの問題はとても気になりますよね。

青汁を作る行程


そもそも青汁ってどのように作られているのでしょうか。青汁には、みなさんもご存じでしょうが、液状タイプ・液状の冷凍・粉末タイプ・フリーズドライタイプ・顆粒・錠剤などなどいろいろな種類が存在しています。みなさんがそのとき、粉末青汁を購入すれば、どのメーカーでも同じ製法だと思ってしまうのかもしれませんが、それが違っているようなのです。各々の会社が独自に粉末化して 特許製造というケースもあるようです。ただおおざっぱに言ってしまえば、野菜を乾燥させて粉末にするという方法にはなる訳ですが。

しかし、そのとき、青汁には、ビタミンCなど、熱にかなり弱い成分も含まれているということを意識しなければなりません。乾燥させる時も熱を加えないように低温乾燥させるスプレードライ製法という意識程度は、やっぱり青汁メーカーは持っている必要があると思うのです。

粉末青汁と液体青汁

そして、青汁には、粉末青汁と液体青汁というものがあります。粉末青汁と液体青汁、材料には違いがあるということではありません。配分にも量にも違いがありませんので、安心していただいて全然問題はありません。でも、栄養という大事な視点に目を移せば、かなり期待出来ないものも存在しているので注意をしなければなりません。粉末にするとき熱を加えている青汁に対して、私達は、ビタミンCなど期待することが出来ないのです。

製法はやっぱり大事で、私達は青汁を選択するとき、加熱処理しないでつくられているもの程度の配慮が必要なのです。そのとき、『低温乾燥』もしくは『スプレードライ』という表示に注目してみるといいかもしれません。『低温乾燥』もしくは『スプレードライ』と表示されていれば、栄養素が減少していないかなという判断材料にすることが出来ます。

液体も粉末も栄養価という面では変わらないといえば変わらないのです。みなさんはちょっと液体がいいかもという思いもどこかにあるかもしれません。しかし、私は敢えて粉末の青汁がいいと言いたいのです。そこには独特のにおいや苦みも軽減されてますし、普段の料理にも入れても良しです。青汁以外の成分も添加することが出来、『緑茶』や『抹茶』などを青汁に加えているものなどが販売されていたりします。

青汁はホットでも大丈夫?

まだまだみなさんにとって青汁って判らないことがあるでしょうし、一つずつ問題は解決して行きましょう。寒いシーズン、青汁をホットで飲みたいモチベーションもみなさんに生まれるかもしれません。しかし、青汁は一体ホットで飲んでしっかり栄養を確保出来るものなのでしょうか。

結論を言いましょう、青汁に含まれる栄養素の多くは熱に弱いので、基本的にはホットには向きません。非加熱製法の青汁は、熱湯を注ぐとその価値をなくしてしまうことになります。ビタミンCだけでなく、ビタミンB1やパントテン酸、ビオチンといったビタミン、そして酵素は、熱による損失が起きやすいという性質を持っています。そのようなことを考えると、ホットレモンを積極的に飲んでいる人たちがいますが、あれってどうなのでしょうか。いろいろ疑問が出てきます。